職場で日常的に使用される栄養ドリンクの正体

ドラッグストアだけでなく、今やコンビニでも手軽に栄養ドリンクが購入できるようになりました。

栄養ドリンクは忙しい職場への差し入れとして使用されることもよくあり、中には机の周りにずらりと栄養ドリンクの瓶や缶が並んでいることを誇らしそうにしている人もいるくらいです。

しかし一本飲んだときに一時的に体力が回復したように感じる栄養ドリンクですが、これを毎日のように飲んでいたり、一日のうちに大量に飲み続けていたりすると知らず知らずのうちに体内の健康が損なわれていくことにもなってしまいます。

というのも市販されている栄養ドリンクのほとんどに含まれているのは大量の「カフェイン」と「砂糖」だからです。

カフェインを多く含む飲料というとコーヒーを最初にイメージする人もいるでしょうが、栄養ドリンクはコーヒーの2~4倍くらいの量のカフェインが当たり前に含有されています。

また糖分もかなりの量で入っているため、飲んだ時には一時的に頭の働きが回復するものの一日に何本も飲むと血糖値が急激に高まることにより高血糖になったり肥満の原因になったりします。

健康ドリンクには必ず一日あたりの適量が記載されていますので、その分量をきちんと守り大量に飲み過ぎないように気をつけてください。

ドリンク剤の飲み過ぎで死亡例も

脅かすわけではありませんが、ドリンク剤を飲み過ぎたことにより死亡をしてしまったという例もあります。

米国でのことではありますが、栄養ドリンクやエナジードリンクを毎日大量に飲んでいたという人が急に死亡してしまったという例が何件か報告をされています。

症例としての数は決して多くはないので毎日飲んでいるから必ず死ぬというほど致命的なものではないのですが、それでも毎日服用をしていたことが原因になったという前例があることは見逃せません。