腰痛の種類

オフィスワーカーにとって腰痛も職業病の一つで、腰痛に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
腰痛とは高齢者がなるものだという印象がありますが、男女とも年齢に関係なく誰でも腰痛になる可能性はあります。
腰はその文字が表す通りに、身体の要で、身体の中心にあるため、腰が痛いとあらゆる動作に影響を及ぼします。

腰痛にも種類があるのです。

ギックリ腰

ギックリ腰と言われる急性腰痛症は、突然、急激な痛みを感じる腰痛のことです。
急に痛くなるのですが、実は長い間疲労が蓄積されていたり、緊張状態が続いていたために起こることもあります。
日頃から身体をあまり動かさない人や、長時間同じ姿勢で作業をする人などは、ギックリ腰になりやすいのです。
オフィスワーカーの人は、これに当てはまりますので、ある日突然ギックリ腰になるかもしれません。
日頃から運動やストレッチなどをして、ギックリにならないようない身体つくりを心がけましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアも腰痛の良く聞く症状ですが、椎間板は椎骨と椎骨の間にある軟骨です。
背骨にかかる衝撃などの負担を軽くしてくれるクッションのような役割をここではしています。
その中心部分には柔らかい髄核、そして線維輪という硬い囲いが髄核の周りにあります。
この硬い線維輪にヒビが入ってしまい、中心部分の髄核が内側から外へ出てしまっている状態を椎間板ヘルニアと呼ぶのです。

髄核が飛び出し腫れあがった椎間板は、背骨の神経を圧迫し、しびれや痛みを伴います。
症状が悪くなってしまえば、最悪手術も必要な疾患になります。
椎間板ヘルニアの原因としては、中腰で重い荷物を持つ、腰を強くひねるなど背骨に負担をかける動作を繰り返し行うこと。

また椎間板の老化、骨の老化、悪い姿勢が原因で背骨や骨盤のゆがみやズレによるものがあります。
椎間板ヘルニアを起こさせないようにするためには、オフィスでの姿勢に気をつけましょう。

椅子に座る時には深く腰をかけてお尻を椅子にくっつけるように意識してください。
あごを軽く内側に向けて、背筋を伸ばしお腹に力をいれるように意識して、膝が股関節(足の付け根)より少しだけ上にくるように足の裏がピッタリ地面に着く姿勢が理想的です。
浅く座ったり、長時間作業しっぱなしは良くありません。
1~2時間に1回程度は、休憩を取り腰を動かすようにしないと、慢性的な腰痛になってしまいます。

尿管結石

腰痛がなかなか改善されない人は、もしかすると内臓系の病気の症状が出てきてしまっている可能性があります。
例えば尿管結石です。
尿管は腰に非常に近い位置にあるため、尿感の痛みを腰痛だと勘違いしてしまうケースがあるようです。

胆石

また胆石も腰痛と勘違いする病気の一つになります。
高カロリーの食事をしている人は、胆石や胆能が胆管に溜まり、腰痛と勘違いすることがあります。
なかなか腰痛が良くなっていかないなという場合は、病院を受診しましょう。
内臓系の病気が潜んでいる可能性がありますので見過ごさないようにしましょう。

オフィスワーカーは、毎日長時間同じ姿勢で座っていることが多いため、腰にとても負担がかかっています。
3時間ずっと座っていると、3時間近く中腰でいるのと同じくらいの負担がかかるそうです。
腰痛に悩まず、快適なオフィス生活を送るためにも、日頃から休憩を取る、ストレッチや入浴、マッサージ、有酸素運動などを取り入れて、腰痛にならないように注意しましょう。