人間関係って難しい

職場での悩みで一番多いのが人間関係というデータがあります。
「職場に嫌な人がいて嫌だなぁ」と、皆、口を揃えて言います。
誰しも、他人のことばかりを考えてしまいがちですが、
当然、自分も他人にとっては苦手な存在だったりするかもしれません。

実は、お互いがお互いのことを嫌だなぁと思っている可能性があるということです。
私に限っては…と思っている人でも今一度考えてみましょう。
実は、気づいていないだけで、嫌われている可能性もあります。

人間関係が上手くいかないのは、相手だけに非があるわけではありません。
よりよい、人間関係を築くためにも、まずは自分のことを振り返ってみることも大切かもしれません。
下記に、嫌われるタイプの代表的な例を挙げてみました。
少しの心がけで、あなたは人に好感をもたれる人になることができます。

皮肉タイプ

あなたは、皮肉的なタイプではありませんか?
皮肉的な人は、物事をいつも斜めから見てしまいます。

例えば、周りの人からアドバイスされたとしても、「そんなの言われなくても分かっている」と思って、
それを実際に言葉にしてしまい、嫌われてしまいます。
このタイプの人は頭が良く、仕事も早く、自分が一番偉いと思っているので、
仕事が遅い人やつまらない意見に対してイライラしてしまい、皮肉を言ってしまいます。

自分が優位であることを誇示する態度を変えなければ、嫌われ続けるでしょう。
もし本当に自分が優秀であると自信を持っているのであれば、
優位性をわざわざ誇示することなく、器の大きな人間になれるはずです。
そういう人を目指しましょう。

無反応タイプ

あなたは、無反応タイプの人ではありませんか?
一日中無表情で何も話さなかったりすると、
人からは何の反応もしない人、やる気のない人に見えてしまうでしょう。

自分の中では色々と考えたりしていても、それを言葉に出さなければ、
心の中での葛藤ばかりが募り、ますます人との距離が遠くなり、孤立してしまいます。
思ったことは閉じ込めておかないで、表現して、自分をもっと相手に知ってもらうことが大切です。
とにかく話すように努力をして、自分の意見を相手に知ってもらい、
人間関係を深めるように努力すれば、相手の反応も違ってくるでしょう。

八方美人タイプ

あなたは、八方美人ではありませんか?
周りの人の頼みに全て応えてしまうイエスマンです。
皆に良い人と思われたくて、断れなくて良い人を演じていると、当然仕事はたくさん溜まっていき、
結局はみんなに迷惑をかけてしまいます。

大事なことは、今の現状況を正直に話し、できないことはできないと断ることです。
正直な気持ちを伝えなければ、相手は本当の意味であなたを好きにはなってくれません。
ありのままの自分で人に接する方が、かえって人に好かれることを頭に入れておきましょう。

少数でもあなたを本当に大切な人と思ってくれる人を作ることが大切です。
あなたは、愚痴っぽくありませんか?愚痴っぽい人は何に対しても否定的で、
物事の悪い面ばかりを見てしまい、しかもそれを改善しようとすることもなく、
一度愚痴を言い始めたら終わることを知りません。

そのため、周りの人は、
あなたと一緒にいると気が滅入ってしまい、もう話したくないと思うでしょう。
愚痴っぽい人は、悪い面だけを考えるのをやめ、
それをどうしたいのかを考えて目的を持つようにしましょう。
また、愚痴が出てきそうになってきたらストップし、行動を起こすことです。
そうすれば、周りの人たちの評価も変わってきて、好感度がアップすることでしょう。