上司との関係

会社で快適に働くうえでポイントとなるのが、上司との関係です。
上司と上手くコミュニケーションが取れず、常に監視されているように思っていると委縮してしまいます。
これでは仕事の成果も思うように上げられません。

一方で、上司に対して不平や不満が募っていても、いい仕事はできません。
お互いを理解し、スムーズに仕事をこなしながら、上司から評価を得るにはどうしたらいいのでしょうか。
まず、当然のことながら与えられた仕事を誠実にこなしていれば、気まずい関係にはならないはずです。
勝手に成功すればいいではなく、大切なのはホウレンソウです。

上司への報告を怠らない、何かあった時には直ぐに連絡する、そして、困った時や1人での判断が難しい時には相談する、これをしていれば上司との関係が上手く築けていくはずです。
中には逐一上司に報告や相談をすると、仕事ができないと思われそうとか、厄介者に思われそうだと考える人がいるかもしれません。

ですが、上司からすれば自分の目の届かないところで、勝手なことをされて失敗されるのが一番困りますし、部下に頼られて嫌な気がする上司はいないのではないでしょうか。

可愛い部下だと思われる方法

むしろ、ホウレンソウで「あなたを慕っています」「頼りにしています」とアピールするくらいが可愛い部下と思われるポイントなのです。
もちろん、自分で考え判断をしたうえで、その後押しや確認を求めるという姿勢で臨まねば、上司にも呆れられてしまいますから注意しましょう。

特に優秀で切れ者とされる上司の場合、恐い、緊張するという方がいますが、ホウレンソウを心がけながら、確実に仕事をこなしていくことで、あなたのことを認めてくれ距離が縮まります。
一方、不平不満が出やすいのが部署内でも仕事ができない等と言われている上司です。

もっとも、こうした上司に限って部下の面倒見は良かったりします。
働きやすい環境を整えることができるのも、上司としては立派な役割を果たしていると考えましょう。
一緒に飲みに行ったり、食事に行ったりすることで上司の良さが分かり、この人のもとで頑張っていこうと思えるかもしれません。

たまにいる威圧的な上司、直ぐに怒鳴ったりする部下に厳しい上司の場合は、怒られないようにするのがポイントです。
委縮する必要はありませんが、無駄に怒らせず、上司が正当な事を言っているならば素直に「その通りです」と相槌を打つのがいいでしょう。
決して迎合するのではありません。

このタイプの上司は、白黒はっきりさせないいい加減な態度を一番嫌います。
賛成か反対かを明確にする態度がポイントになるでしょう。