人間関係を向上しよう

オフィスワークを辞めた理由で一番多いのが、人間関係に起因するものというデータが出ています。
それほど、人間関係が円滑に行っていないと仕事に影響するということです。
人間は、この社会で生きている限り、人との付き合いを避けて通ることはできません。
会社でなくても、人間関係をよくすれば、より良い社会生活を送ることができるのです。

それに、人間の悩みや不幸の原因のほとんどが、人間関係に起因することが多く、
人間関係の悩みがない人は、より幸せな人だとも言えるでしょう。
会社では、自分で選んで人間関係を構築することはできません。

会社では、組織の都合により配属先が決められますので、自分で選ぶことができない世界です。
年齢も価値観も異なる人たちの集まりが会社ですので、自分に合わない人がいるのも当然でしょう。
「あの部長は苦手だなぁ」というストレスに対して、人の感じ方はそれぞれです。
一歩会社から出たら、すぐにそのことは忘れて、仕事だからと上手に付き合っていける人もいます。

一方、部長が嫌で仕方なく、家に帰ってもそれを引きづり、出社さえできなくなってしまう人もいます。
人間関係のストレスは、その人の感じ方次第、つまり主観的なものであるため、
自分の中での受け取り方を変えることで、ストレスを軽減することもできるのです。

会社で働いている以上、中には、気が合わない上司もいますし、
嫌いな同僚もいますし、苦手な後輩もいるでしょう。
まず、大事なことは、自分と他人は全くの別人であることを前提に考えることです。
人間関係でストレスを感じやすい人の多くは、相手に期待し過ぎたり、
必ず分かりあえるという幻想を持っていたりします。

ストレスを感じたら

人間関係でストレスを感じてきたら、自分は他人に何かを期待し過ぎているのではないか?
と今一度考えてみることです。
人に何かを期待すれば、それが満たされないことでストレスになっていきます。

なので、最初から他人には何も期待しないことです。
もしも、会社の人間関係が悪化してしまった場合は、
それを改善しようと頑張りすぎてしまいがちですが、それはかえって空回りしてしまうことの方が
多いので、むしろ自然体でいる方が良いでしょう。

まずは、肩の力を抜き、とにかく一生懸命仕事に励み、信用を取り戻して、結果を出すことです。
そうすれば、信頼も回復していき自ずと人間関係も改善してくるものなのです。
人間関係がとても気になるところですが、
会社というのは仕事ができるかどうかで判断されるシビアな所もあります。

会社に入りたての頃は、とにかく人間関係を築くことばかりにポイントを置いてしまうという人も
いますが、まずは仕事に誠実に取り組み、認められてこそ、
人間関係も徐々に築いていけることを頭に入れておきましょう。

もしも、会社の人間関係が最悪な状態で、仕事に誠実に取り組んだり、
色々と努力しても改善されないような状態になったら、自分を客観的に見つめ、
環境を変えれば改善するような場合は、転職という手段を考えてもよいでしょう。

しかし、どこに行っても人間関係を上手くやっていけない性格の人であれば、
現状況で他の会社に行ったとしても同じなので、
今の自分を変えていくような努力をする必要があります。
人間関係が上手くいかないからといって、安易に辞めてしまうのは良くありません。
今一度、現状況を客観視してから決めることが大切です。
会社は、一日の大半を過ごす場所です。
その職場での人間関係が悪かったらとても辛いものです。
常に相手の立場を考え、一人一人を尊重し気持ち良く仕事ができるような職場づくりを目指しましょう。