貴重な人材とは

仕事をしていく上で、後輩や同期、
また上司にも頼られる人材というのは、とても貴重です。
会社が伸びていく上でも貴重ですし、
また社内の人間関係においても大切な存在となるはずです。

ではいったい、頼られる社員とはどういう社員なのでしょう。
まず、やはり、「仕事ができる」ということが一番なのですが、
そこでも2パターンあると思います。

頼れる社員

会社という組織の中で、社員というのは雇われている立場なわけですが、
まずひとつは、上司の指示通りにテキパキと働くことができる人です。
これは当たり前のことといえばそうなのですが、
上司、または経営者の希望通りの仕事をしてくれるということは、実はなかなか難しいことです。

経営者のして欲しいことをきちんと把握できていないと無理なわけですし、
その人のスキルや性格も大いに関係してきます。
そしてもうひとつは、上司がいなくても、すべてその人で仕事を自らこなし、
経営していける力を持っている人です。

こうなると、すべてを任すことができます。
こういう人は、自ら仕事を生み出す能力を持っていると言えます。
決められたことや指示されたことのみをやるのではなく、
それ以上のことを自分でしようとする意気込み、行動力などのある人です。

企画したりアイデアの豊富さなども関係してきます。
そしてそういう人は、後輩などにも面倒見が良く、仕事を教える力もあります。
自分に余裕があるのです。
他の社員と協力して、どんどん仕事をこなしていくことができます。
こういう社員こそ、頼られる社員と呼べるでしょう。

整理する力のある人

では、オフィスワークにおいて、頼られる社員とは、
具体的に、どのようなスキルが必要となってくるのでしょうか。

まず、物事をきちんと整理する力。
これは事務仕事には欠かせないと思います。
オフィスの整理、書類の整理・・・細かくきちんとこなしていく力は不可欠です。
また、テキパキとこなす手際の良さ。
2つ以上のことを同時に作業する要領の良さなども、必要です。

たくさんの山積みの仕事を、
決められた時間内に器用に片付けていく力が求められます。
そのほか、やはり、その人の人間性というものはとても関係してくるといえます。

自分のことだけで精一杯であったり、人に対して冷たかったり興味がないと、
まず誰も頼ろうとはしません。
人に頼られるということは、ただ仕事ができるだけではなく、
人間としてそれなりの器量があり、余裕がなくてはならないと思います。
会社という組織の中で、全体を見ることができるということがとても大切だと思います。