ゲーム

近年いろんな分野のゲームがあります。
ゲームをひとまとめにして馬鹿にできないほど優秀な内容となっています。

特にオンラインゲームでは、過去に複雑な問題を解かす実験をして数十年の期間を費やしても解答を導き出すことができなかったのが、1月足らずで解答を出すことに成功しています。
ゲーム的な仕掛けを施すことで、人のモチベーションが上がることになります。

モチベーションが上がればやる気や努力の向上が見られることで成功近づくことになります。
アメリカ合衆国の大統領選挙でも数多くのゲーム的な仕掛けが施されてこのゲームを楽しむように大統領候補を後押しして当選に導いたほどです。

このため現在では、社会で様々な活動を行う中にゲームの要素を持ち込む事をゲーミフィケーションと呼ばれております。
このゲーミフィケーションをビジネスの中に取り入れることで、成功に導くことができます。

ゲーミフィケーション

ゲーミフィケーションは、日常生活の様々な要素についてゲーム形式にすることをいいます。

定義としては役立つ物をゲームっぽく利用する。
コンピューターゲームの中で特徴のあるノウハウについて現実の社会活動に応用する。
この2つが定義として成り立っています。

仕事のモチベーションを上げるためにゲーム感覚でモチベーションを上げることがあります。
自分自身のモチベーションを上げるならば、目標とする物等を掲げることでモチベーションを上げることができます。
他人の場合には同じような感覚でモチベーションを上げようとしても、その人が実際にモチベーションを上げるための目標が異なるため別の方法が必要となります。

モチベーションを上げる

自分自身を含めて会社の仲間たちとモチベーションを上げるためには、共通した成果を掲げることが必要となります。
難しい成果を掲げるのでは途中で挫折してしまうことがあるので、最初は簡単な成果を掲げることから始めます。

個人のノルマ目標とは異なり、誰かが達成した時点で終了となる目標が必要となります。
小さな成果から始めることでゲーム感覚で目標を達成することができるので、社員のモチベーションを上げるには最適の方法となります。
また、ゲーム感覚で行うことになるので、目標を発生した人には賞品などのご褒美を用意しておくことも必要となります。

目標達成のためのゲームは反復的に行うことで、誰でも達成しやすい目標を掲げることで全員のモチベーションを上げることが可能となります。
このため、困難な目標を掲げないようにすることになります。

全員で挫折することなく目標に向かう気持ちが必要だからです。
また、チームごとに目標を掲げて競い合う場合には、チームの能力を均等にすることが重要です。
最初からチームごとの能力に差があればチームとしてモチベーションが上がらないことになるからです。