リーダーシップとは?

企業でのリーダーシップは、対応すべき業務にチームで対応する必要があるときにチームの中心となる人がリーダーとなります。
そのリーダーの能力や統率力そして力量等をリーダーシップと呼ぶことがあります。

企業では、バイトリーダーや現場でのリーダーなど様々な状況でリーダーを中心として対応します。
リーダーとなるべき人のリーダーシップが乏しいとチームとして企業が期待する成果を得ることが難しくなります。

リーダーシップが乏しい人がリーダーとしてチームを率いる場合には、チームの参加者が十分に能力を発揮することが難しくなります。
リーダーとして能力が乏しければチームに参加しているものが必ずリーダーを中心として能力を発揮しないからです。

また、リーダーとして能力が十分にありすぎてもチームの参加者の能力とバランスが取れなければ、リーダーが空回りしてチームとしての成功を得ることが難しくなります。

リーダーシップを発揮するときにチームの仲間のモチベーションを高めることもリーダーとして必要な能力となります。
チームとして業務に対応する場合には、一人一人の意気込みや気持ちが十分に発揮できるようにモチベーションを高めることもリーダーシップに求められるからです。

リーダーシップでモチベーションを上げる

チームのモチベーションを高めることで目標に向かって行動をできるように導くことがリーダーシップに求められる能力の1つとなります。
モチベーションを高めるためには、対象となる人物のやる気を起こさせそのやる気を継続させる必要があります。

チームとして業務に対応するときには、必然的にリーダーとなる社員よりも若い世代の部下がチームを構成することがあります。
現在の若い世代と呼ばれる新社会人の行動については、割に合わない事は行動しない若者が多く存在しています。
この時に世代が違うまたはゆとり教育の言葉で片付けるのではなく、部下のやる気を起こさせる行動をリーダーが選択することが必要となります。

リーダーがとるべき行動としては、部下の意見や行動を無視することなく認めてあげることが必要となります。
また、部下が失敗したときには、失敗した行動を否定するのではなく、その部下がチームの中で果たすべき行動を自覚させるように諭すことも必要となります。

リーダーとなるべき人は、日頃からの勤務態度にも注意が必要となります。
才能や実績があっても日頃の勤務態度が悪ければ部下が真似をしてしまうことがあります。
日ごろから理想の対象となるように努力することもリーダーとして必要なことになります。

チームの中には協調性に欠ける人も含まれていることがあります。
機械的労働を行っても誠実的労働をしない人たちです。

言われたことだけ行動をする人たちは自分から進んで仕事を行わない人たちになります。
このような人たちには話し合いをして自分と同一性があると感じさせることが必要となります。
チームの一員として協調性ができるように導くこともリーダーシップを発揮することになります。