3C分析とは

3C分析という言葉を聞いた事はありますか?
この3つのCとは、
・市場(customer)
・競合(competitor)
・自社(company)
これらの頭文字をとったものになります。

3Cは、企業の戦略を策定する際に重要なポイントになるのです。
市場の分析を行なうプロセスであり、この分析をすることで、
自社の課題の発見や、成功の要因を導き出すことができるのです。

この手法は、主にビジネスの新規参入時や撤退時に用いられます。
3C分析を行なうことにより、要点を絞り込むことができるのです。

市場分析

3C分析を行なう際は、必ず市場分析から行なっていきます。
まず、市場や顧客の動向を知っておかないと課題は発見できません。
市場分析を行なうことで、市場や顧客のニーズの変化を知ることができます。

分析をするには、景気の変動、人口動態の変化や流行の変化などの
社気的な変化を知ることからはじめます。
それから業界の構造の変化や、
自社のビジネスモデルがその業界にマッチしているかなどを探ります。
それから、顧客のニーズがどのように変化をしているのか探します。

競合分析

市場分析を行なった後、競合が市場でどのように変化に対応しているか調べます。
この分析では、競合の企業の市場での結果や、
その結果に至った背景の分析を行ないます。

結果を調べるには、競合の売り上げや営業利益、コスト、宣伝広告費など、
結果に至るまでの動きについて分析します。
結果に至った背景については、
どれだけお金が効率的に使われていたかについて分析します。

そうすることで、競合企業の動きがわかるのです。

自社分析

最後に、自社分析を行ないます。
これまで行なってきた市場分析、競合分析をまとめるのです。
市場の変化と競合企業の市場の変化への対応を分析した結果を自社と比較するのです。

競合企業の良いところを取り入れてみたり、
進出していない領域があれば、そちらに力を入れてみるなど、
自社が成功できるビジネスモデルを見出すことができるのです。

まとめ

3C分析を行なうことで、新たなビジネスモデルを発見できるのです。
ですが、すぐに成功するというわけではありません。
実践あるのみです。

試行錯誤しながら、3C分析を活用してみてください。