仕事内容

経理の仕事は、会社の規模や業務内容によっても違ってきますが、主な仕事はだいたいどこも同じです。
経理の仕事の目的は、企業がいくら収益を上げているのか、企業の財政は大丈夫なのか、を公に示すことです。
会社では大きなお金の出入りがありますから、お金の出入りがある以上必ずお金を管理することが必要なのです。
どんなに小さな会社でも経理の仕事はあります。
小さな会社だと、特別に経理部という部署が設けられていない所もあります。
総務や人事の社員が行っていたり、社長やその奥さんが行っている場合もあります。

現金管理

まず、経理の仕事で基本となるのが、現金管理です。
現金の入出金の記録と管理をします。
例えば、会社で文房具など物品を購入したとき、社員が出張で立て替えたお金の清算、出張費の仮払い、など。
現金が必要なときには金庫から出金して、その内容を帳簿に記録していきます。
現在は、だいたいPCの会計ソフトに入力するようになっています。
毎日、金庫の残高と、帳簿の残高が同じになっているかということを確認して管理します。

預金管理

次に、預金管理の仕事があります。
預金管理も、現金管理と同じく、毎日のルーチーンワーク的な位置づけになります。
銀行への預け入れ、引き出し、振込、通帳記入などを行います。
また、仕入れと売掛の締め、請求書の発送や、支払の準備などの業務も含まれます。

収益と費用のバランスを分析し、入ってくるお金と出ていくお金のバランスを見ていきます。
出ていくお金の方が増えていくのなら改善策を立てたり、関係部署へ報告し改善策の実施をお願いしたりします。

決算・納税

そして、1年に一回の経理のメインイベントとなる決算・納税のお仕事があります。
会社は株主や債権者、国などに対して会社の財政状況や営業成績についての会計情報を報告しなければなりません。
会社の内外に対して、会社がどのくらい収益を上げているか、会社の財政は大丈夫なのかといったことが分かるような成績発表を公にするイベントです。
決算書を準備していきます。決算書には、会社の財政状態を示す貸借対照表および、
経営成績を示す損益計算書(P/L)、会社のお金がどこから入り何に使われたのかを示すキャッシュフロー計算書の3つがあります。
また、有価証券報告書の準備も行います。
ここで、会社の儲けがはっきりとわかるので、法人税に必要な書類の準備も行っていきます。
担当税理士や会計士や税務署とのやり取りもここで発生してきます。

決算が終わると、1年間で必要となった経費などの内訳が明らかになるので、その内容と次年度の経営戦略を考慮した、来期の予算の策定を行います。

このように、経理は、会社にとってとても重要な仕事の一つなのです。
お金の出入りを管理し数値化する仕事ですが、経理の仕事がなければ、会社は一体どのくらい儲かり、出費があったのか把握することもできません。
各取引を数値化することで、今後売り上げを増やすための経営戦略を立てることにも重要な役割を果たします。
一昔前までは、帳簿も全て手書きで、どんなに慣れた人でもミスを完璧になくすことは難しかったのです。
ですが、現在は経理ソフトが開発され業務がスムーズに行えるようになっており、経理の仕事は随分楽になり時間短縮も実現されています。