名刺交換の基本動作

名刺交換をするときは名刺入れを手元に用意しておき、いつでも取り出せるようにしておくのが基本です。
渡すときは訪問者、または目下の人から先に名刺を出して相手に渡します。
名刺を渡すときは名刺を片手に持ってもう片方の手を添え、相手に名刺の正面を向けて差し出しながら、社名と所属している部署名、自分のフルネームを名乗るようにしましょう。

このとき、相手の差し出した名刺より低い位置で自分の名刺を差し出すようにすると好印象を与えられます。
互いに名刺交換をする場合はそれぞれ右手で名刺を差し出し、左手で受け取ります。
相手から受け取った名刺にはすぐに右手を添え、そのあと「頂戴いたします。
よろしくお願いいたします」と答えましょう。

注意すべきことは、このあとすぐに受け取った名刺を名刺入れにしまわないことです。
名刺は名刺入れの上に載せて持つようにし、テーブルのある応接室では、椅子にすわったあと、テーブルの家に名刺入れ、名刺と重ねて置きましょう。
名刺をしまうときは、交換した相手の名前を覚えるまでが基本ですが、ベストタイミングは打ち合わせ、商談などが終わる頃です。
周囲の状況に合わせておけば名刺をしまうタイミングを間違えることはないでしょう。

名刺を交換したときその相手が一人ではなく複数で全員の名前をすぐに覚えるのが難しいときは、相手が座っている順番どおりに名刺を並べておくようにしますと、顔と名前が一致しますので、早く覚えられるようになります。

名刺のマナー違反

名刺交換のときについうっかりやってしまいがちなマナー違反は、ポケットや財布に直接入れた名刺を渡してしまったり、名刺を受け取るとき、相手の会社のロゴマークの上に指を置いてしまう、相手から差し出された名刺を片手で受け取ってしまう、相手から受け取った名刺を手でもてあそんでしまう、名刺の裏をメモ用紙代わりに使ってしまうなどです。

普段から忘れ物をしてしまう癖のある人は、うっかり受け取った名刺を応接室のテーブルの上などに置き忘れないようにしましょう。
これもマナー違反になります。
もし名刺を忘れたまま商談や打ち合わせなどに入ってしまったときは、忘れてしまったと相手に率直に伝えることは避け、「申し訳ございません、ただいま名刺を切らしておりまして…」とその場でお詫びをし、会社に戻ったあとにお詫びの手紙とともに名刺を郵送するようにしましょう。

一度に複数の人たちと名刺を交換する場合は、あらかじめ人数分の名刺を名刺入れから取り出して用意しておき、名刺入れの上に重ねて手で持ちます。
交換がはじまったら重ねた名刺を一枚ずつ交換していきます。
このとき、受け取った名刺は名刺入れの下の指で挟むようにしましょう。
上司と部下同士が名刺を交換する場合は、互いの部下同士がまず名刺交換をし、そのあと上司どうしが名刺の交換をします。