経理に就職するコツ

経理のお仕事をしたい、経理の仕事に転職をしたいと志し、簿記の勉強を始め資格を取って、就職活動をした。
活動はしたものの、実務経験がないと、なかなか正社員には雇ってもらえないことが多々あります。
そういう場合、まずは派遣社員として経理のお仕事を経験するという方法もあります。

派遣であれば、その人の能力に合わせて、未経験でも問題ない職場を紹介してくれます。
最初は簡単なファイリングなどの業務をすることになります。
実際に仕事をやってみると、机上の勉強とはやはり違います。
それに、派遣の場合は業務内容がきちんと決められているため、経理に関する業務に専念することができ、実務経験を積みながらスキルアップをすることができるでしょう。
実務経験を積みかつ資格もあれば、もし派遣先での働きぶりが必要だと感じてもらえたらこの正規社員として雇ってもらえることもあるでしょう。
それに今後、転職活動する際には実務経験がありますと答えられるので正社員に雇ってもらえる可能性も広がっていることでしょう。

また、派遣社員は勤務時間が短く、残業もほとんど無いので、勉強中という人でも時間が取りやすい勤務形態だと言えます。
公認会計士や税理士などの資格取得を目指している人にとっては、無理なく学習時間を確保できるためピッタリの働き方ではないでしょうか。

経理のメリット

経理はどこの会社にも必要とされる、生涯続けられる専門職と言っても過言ではないかと思います。
会社では営業や企画部などが花形といった印象で経理は、退屈で堅苦しいというイメージを持ちがちです。
ですが、実は経理こそ企業の中でも中心的な業務であり、一番大事な部署なのです。
経理は、会社のお金を管理し、有効に使うために重要な部署です。
売上を上げるのが営業の仕事だとすれば、利益を上げるのが経理の仕事なのです。
そういう訳で、経理の仕事ができると、どこの企業でもどこの部門でも重宝されるのです。

経理の仕事はどこの企業でも通用するため、職種としては安定していると言えます。
安定している仕事なので、給料も比較的安定しています。
またこのようなご時世、リストラなどの話もよく聞きますが、経理が最初にリストラの対象になることはなく、遅い段階での対象とされるのです。
なので比較的安心して仕事をしていくことができます。
万が一、リストラにあったとしても、転職しやすい職種ですし次の職場でも経験を存分に活かして活躍することができます。

また、この仕事は年齢を問いませんので長く続けることができる仕事でもあります。
オフィスワークをずっと続けていきたいと思っている人にとっては、経理へのキャリアチェンジも一つの方法かもしれません。
転職する場合は、未経験の場合だとどうしても若い方が有利になってしまうのです。
資格や経験を身につけていかないとなかなか正社員には雇ってもらえないのが現状です。
なので、生涯オフィスワークで働きたいと考えているのであれば、経理事務へチャレンジしてみるのも良いかもしれません。