パソコンが欠かせない時代

オフィスワークに必須のスキルと言えば、パソコンです。
現在では仕事や私生活なsどどんな場面でもパソコンが利用されています。
パソコンは仕事道具の一つとして、すっかり定着し、
パソコンが使えないと仕事もできない時代になっています。

求人欄でも、ワード、エクセル、パワーポイントができる人を募集していることがよくあります。
パソコンの使い方や、活用の仕方次第では、仕事の効率も全然違ったものになってくるものです。
パソコンの使い方をある程度知っていれば、会社の先輩や詳しい同僚に教えてもらっているという人も
多いと思いますが、もし詳しくなければ、資格を取って、
どのくらい自分がパソコンができるかを示せるもの、つまり資格を持つことをお薦めします。

よく、就職の面接を受ける時には、パソコンはどのくらいできますか?と聞かれますが、
具体的に、何をどのくらいと答えられる人は少ないのではないでしょうか?もし、資格を持っていれば、
どのアプリケーションをどのくらい使いこなせるか具体的にアピールすることができます。

MOS

MOSというパソコンの資格があります。
MOSとは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略で、
マイクロソフト社のマイクロソフトオフィスに含まれるエクセル、ワード、アウトルック、アクセス、
パワーポイントなどのアプリケーションを、どれだけ理解して、
どのくらい使いこなせるかを客観的に判断する基準として行われている試験になります。
企業の採用側に対しては、非常に大きなアピールポイントになることは間違いないでしょう。
最近、就転職時に自分のパソコン能力をアピールする資格として、人気が高まっています。
MOSは国際的にも通じる資格で、世界の約200カ国で実施されているグローバルな資格です。

もし、海外転勤などがある人でも生涯役に立つ資格になります。
オフィスワーカーとしてずっと働いていこうと思っている人は、身に付けたMOS技術で作業効率を
アップさせることもできますし、もし将来転職することがあっても有利になる、おすすめの資格です。
マイクロソフトオフィススペシャリストには、ワード、エクセル、アウトルック、パワーポイント、アクセス、
ウィンドウズヴィスタの6つに分かれています。

MOSの難易度

どのくらい難しいかと言いますと、実はそこまで難しくはありません。
間違いなく、きちんと、基本的な知識を身に付けていることを証明するのがMOSの資格ですので、
基本的な操作方法さえ身につけていれば合格できるレベルです。
基本操作を一通りできるようになれば合格できます。
普段からオフィスでパソコンを使っている人であれば、
練習時間はそこまで必要としませんし、独学でも十分合格できる資格と言えるでしょう。
1科目から受講可能となっていますので、スキルアップのためにも
資格を取ってみてはいかがでしょうか?