ホウ・レン・ソウを知ろう

ビジネスの世界ではホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)を行うことが大切だとよく言われていることはご存知でしょうか。
これらがうまく行えているようなオフィスであれば上司と部下とのコミュニケーションがうまくいっていて、個人だけでなく全体の業績が上がっていきます。
それに対して、これがうまくいっていないオフィスはコミュニケーションがうまくいっていないので、どうしても何らかのミスにつながりやすくなり業績が下がっていきます。
ホウ・レン・ソウを行うことが大切なことが分かったところで、これからはそれぞれのコツについて紹介していきましょう。

ホウ(報告)とは

一つ目のホウというのは報告のことを言うのです。
それは上司からの指示などに対して部下が途中経過や結果を伝えることです。
上司としては部下であるあなたに対して何らかの指示を出したわけですから必要な時にあなたが報告を入れます。
報告の仕方としては基本的には端的に結果を口頭で伝えればいいですが、内容が複雑になると口頭ではわからなくなりますので資料を作って報告する方がいいでしょう。
上司が忙しく仕事をしている時には重要でないことであればメモなどで伝えてもいいでしょうが、重要で緊急性を要する場合やミス・トラブルの場合は即時で対応が迫られているでしょうから、上司が忙しかろうと即刻報告する必要があります。
報告した結果、上司からのフィードバックがあるでしょうから、いつでもメモできるようにしておきましょう。

レン(連絡)とは

二つ目のレンというのは連絡のことを言います。
それは関係者全員に伝えるべきことを伝えるということです。
例えば、忘年会の開催日程について知らされていない人が出てきた場合には職場間の人間関係に問題が出てくることがありますので、それを伝えなければいけない関係者全員に情報を伝えます。
職場内で情報を共有することは大切なことですが、連絡内容については自分の意見を入れたり曖昧な言葉を使ったりしないように、事実を簡潔に伝えるようにしましょう。

ソウ(相談)とは

三つ目のソウというのは相談のことを言います。
それは上司から与えられた仕事についてわからないことがあったり、意見を聞いてほしいことがあれば上司や先輩などにアドバイスをもらったりすることです。
わからないことをそのままにして進めていくと手戻りになることがありますので、わからないことがあればその都度相談することが大切です。
一番いけないのはわからないことを自己判断した結果取り返しのつかない失敗をやらかすことに他なりません。
そうならないためにも相談することを忘れないようにしましょう。