忙しい、が口癖の人

会社でいつも忙しくしている人がいます。
忙しい人は、いつも「仕事がたくさんあって忙しい。定時までに終わらない。」と、
まるで口癖ですか、と思うくらいの頻度で言っていると思います。
他人から見ると、仕事の成果からして、何故そんなに忙しいのか分からなかったりするのですが、
本人にとっては本当に忙しいのでしょう。

忙しいということ自体が、やる気にさえなっているように感じられるくらいです。
対して、仕事ができる人は、他人から見てもいつも冷静に、
マイペースで仕事を行っているように見えますが、結果的には多くの仕事をこなしていたりします。
忙しい人が、必ずしも仕事ができる人とは限らないようです。
周りを見渡しても、対照的な人がいるのではないでしょうか?
そもそも、忙しい人と仕事ができる人は、根本的に仕事に対する意識が違うようです。
下記にその例を挙げてみました。

忙しい人は仕事ができない人?

忙しい人は、定時までに仕事がなんとなく終わったらいいなぁくらいにしか思っていないようです。
定時までに終わらせようという気持ちが弱いようです。
対して、仕事ができる人は、定時までにここまでは終わらせるぞ、
という意識が仕事スタート時点から強いようです。
終わらせようという意識があれば、自然と、計画的に仕事をこなし、
時間を有効に使えるようになるものです。
忙しい人は、緊急事態が起こったりすると、せっかくの計画を乱されてしまいます。

しかし、仕事ができる人は、前例などをまとめたノートなど工夫があるので、
それを見たりしながら即対応でき、自分の計画を乱されることがあまりありません。
緊急事態に対する備えも大切です。
同じような事態が発生したら、あまり悩まなくて良いような、
仕組みを完成させておくことが大事です。

忙しい人は、納期に対する考え方が甘く、納期ギリギリで作業しています。
対して、仕事ができる人は、隙間時間を活用してなど、ちょっとの時間でも活用したり、
2つ以上の仕事を同時進行して効率を高めたり、作業を早め早めに行う習慣ができています。
忙しい人は、ひとつの仕事について、いきなり取りかかり、
仕事が完了しそうな時点で「こんなハズではなかった」と思うことがあります。

しかし、仕事ができる人は、仕事に取りかかる前に、その仕事の目的と最終目標を明らかにします。
なので、手直しなどの手間がなく、一発で仕事を完了させています。
忙しい人は、自分が他人に頼んだ仕事を忘れてしまい、
頼んだ相手もその仕事を忘れているので、それがトラブルの元となり悪循環を生みだしています。

しかし、仕事ができる人は、自分が頼んだ仕事を忘れることなく、
随時、進捗状況をチェックするので、頼んだ相手も仕事を忘れずきっちりやってくれ、
トラブルが起きずスムーズに進んでいきます。
このように、忙しい人は、忙しいことに慣れてしまい、その状況に甘んじていたり、
仕方ないという諦めがあるにの対し、仕事ができる人は、忙しい状況を根っから嫌っているので、
どうすれば仕事を効率よく進めることができるか常に工夫をしているような気がします。
仕事ができる人は、やはり、それなりの努力をしているのです。