整理整頓をして、できる人になる

会社で周りを見渡すと、仕事ができる人は机がキレイな人が多いと思いませんか?
仕事ができる人は、取捨選択と優先順位を付ける能力に長けているため、
机を整理整頓するのも得意なのだと思われます。

対して、仕事ができない人の机はどうでしょう。
いつのものか分からないほど変色した書類が山積みされていたり、用済みのメモ用紙、
お菓子のクズが落ちていたり、整理整頓が全くできていないように思われます。
そういった人は、机のみならず、大抵メールボックスも同じような状況だと思われます。
どうしてこのような状況になるかと言いますと、やりたくないことは後回しにするからでしょう。

やりたくない仕事はどんどん後回しにして、その書類も溜まっていき、
仕事も溜まって行き、机も汚くなっていくという具合です。
机の上の状態が、物や書類に溢れ、資料が散乱し、必要なものと不要なものが混在し、
パソコンのデータもぐちゃぐちゃになっていると、頭の中の状態も、整理がつかず、
仕事の優先順位を決められず、混乱しやすく、問題解決もできなくなり、
仕事面では余裕がなく忙しく、常に追われているという状況に陥ります。

このように、机の上の状況と、頭の中の状況と、仕事の状況は連動しているのです。
なので、まずは、机の上の整理から始めて、この悪循環を断ち切る必要があります。

余計な物がない机、整理整頓された机では、仕事への集中力や処理能力を高めてくれます。
机をキレイに整理整頓しておくというのは、仕事をする上での基本です。
きれいな机で、ストレスなく仕事ができる環境を整えましょう。

整理整頓のコツ

仕事に集中できるような環境作りについて、整理整頓の仕方を紹介します。
整理とは「減らすこと」で、整頓とは「使いやすいように配置すること」を意味します。
視界に入ってくる情報量が少ないほど、脳のストレスが軽減され、
仕事に対する集中力が高まります。

なので、普段使わないような物は、全て引き出しの中に仕舞いましょう。
引き出しの使い方も工夫をして、1段目には筆記用具、2段目には作成中の資料など、
それぞれの引き出しに役割を持たせ、何を入れるか決めておくことが大切です。
机の上には、これからやる仕事に必要な物だけを置くようにした方が良いでしょう。
目の前のPCモニタなどに、付せんなどたくさんペタペタ貼っている人を見かけますが、
あまりたくさん貼ると、注意散漫になるため、最低限にとどめましょう。
要らない書類は捨てるようにしましょう。

参考はこちら→http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/graphic/index.html

書類や資料は自分の判断で捨てる習慣をつけましょう。
これは、単に整理整頓の枠を超えて、仕事上での判断力を鍛えるのにも役立ちます。
忙しくて片付けする時間もないという人もいるかもしれませんが、実は片付けをするより、
片づけをしない方が結果的に時間を無駄にしてしまうことが多いです。
例えば、ある資料を探し出そうとしても片付けができていないと無駄な時間がかかってしまいます。
それが一日ではなく、ずっと続くのです。
しかし、一度片付けをしておけば、その後はすぐに資料を見つけ出すことができるようになるのです。
1ヶ月に1回くらいは時間をかけて机の片付けをした方が、結果的には効率的なのです。