段取り

1つの仕事だけを行っているならば、仕事の段取りを考えることなく1つの仕事に集中することが可能となります。
しかし、企業では、1つの仕事だけでなく複数の仕事を掛け持ちをして仕事を終了させなければいけない状況があります。

この時に、どの仕事から手をつけるか段取りを考えて、仕事に優先順を割り振ることになります。
自分自身だけが取り組む仕事ならば、仕事別の重要度や難易度に分類をして重要な仕事を優先的に行います。

また、難易度で分類する場合には、人により異なりますが、やる気が徐々に薄れていく人の場合には最初に難しい仕事に取り組むことで、残りの仕事が優しい仕事が残ることになりやる気や集中力を維持することができます。

仕事をしていく中でやる気や集中力が高まって行くならば優しい仕事から取り組む最後に難易度の高い仕事を行うことになります。
仕事が他の社員と関係している場合には仕事の優先順位を考えるときに重要度や難易度だけで考えることが危険なことになります。

作業効率

複数の社員が仕事に関与している場合には難易度や重要度だけを考えて仕事に優先順位をするのではなく、作業効率を考えて優先順位をつけることが必要です。
仕事の優先順位をつけるときに、他の社員が行うべき仕事が停滞してしまわないように他の社員と関係している仕事を優先的に行うことで、他の社員の仕事の妨げにならないようにすることが必要です。

重要度や難易度で判断するのではなく自分がその仕事を行わなければ、他の社員の仕事が進まなくなり自分の仕事を待っている状態にしないように注意することが必要となります。
このため他の社員と関係している仕事についてはたとえ後から任された仕事であっても優先的に行うことで、作業効率を考えて仕事を行います。

また、チームで仕事をしているときにもこの作業効率を考えて仕事を行わなければ、チーム全体の仕事の進捗度が遅くなってしまいます。
そのため必ず仕事については優先順位を考えて取り組むことが仕事を行う上で必要なことになります。

モチベーションの維持

仕事に優先順位をつけて取り組む場合には、すべての仕事を終わらすには時間がかかることになります。
そのためには、高いモチベーションを維持しすることが必要でそのモチベーションを継続したまま仕事に取り組む姿勢が重要になります。

モチベーションを高く維持してそのまま継続させる事は、どのような仕事の優秀な人でも難しいことになります。
短い時間で全ての仕事を終了させることができれば問題ないのですが、仕事によっては長い時間が必要な場合があるので、高いモチベーションを維持するための努力が必要です。

長く仕事を続けて行うよりは、適度に休憩をすることも高いモチベーションを維持することができる方法となります。
人が集中できるのは1時間程度が限度と言われているので、1時間ごとに休憩や自分自身がモチベーションを高めることができる方法を実践することで、モチベーションを高く維持することができます。